浮気調査を探偵に依頼する前に自分で証拠を掴む

浮気の調査を探偵に依頼する前の証拠集め

浮気調査を探偵に依頼する前に自分で証拠をムリなく集める方法

浮気調査を探偵に依頼する前に自分で証拠を掴む

浮気調査を探偵に依頼する前に、自分で浮気の証拠を集めることはできるのか?また、どのような浮気の証拠が決定的な証拠になるのか不安ですよね。

できれば、話し合いをする前に夫/妻が不倫相手と肉体関係を持ったという確信を持って話し合いに臨みたいところです。

離婚や慰謝料を考えるにしても、復縁するにしても、浮気があったのか『浮気の証拠』は欲しいですよね。

このブログでは、探偵に浮気調査を依頼する前に自分で浮気の証拠(性交渉)を集めることはできるのか?また、証拠として不十分なメールやLINEのメッセージのやりとりは本当に意味がないのか?などをお伝えしています。

\無料で一括見積もり取得!/

街角探偵相談所

浮気の証拠としてメールやLINEの活用法

浮気の証拠としてメールやLINEの活用法

夫や妻が浮気してるのではないか?と疑い始めてみると全ての行動が怪しく見えたり、過去に『あれっ?』って感じた行動などが繋がって見えてきたりします。

浮気の証拠を自分で集めるとき、メールやLINEの会話の履歴は比較的簡単に集めやすいですよね。

しかし、ご存知のように、男女間で交わされるメールやLINEでの会話の履歴は浮気の動かぬ証拠にはなりません。

浮気の証拠としてメールやLINEは不十分だと言われています。

確かに、ラインやメールの文字だけで交わされた関係だけで、肉体関係を立証するのは難しいですよね。

難しいですが、現場の証拠を押さえた時に補助的な役割として使えたり、離婚訴訟で第三者に与える心情的な印象作りには大きな意味があります。

メールやラインのメッセージのやりとりは、直接的に浮気の証拠にはなりませんが、第三者(裁判など)の気持ちに訴える間接的な役割になることもあり、全く無意味ではありません。

まずは、自分で集められる浮気の証拠としてメールやラインの履歴を集められるのなら集めてください。

ただ、パートナーの浮気を疑わせるメール内容を発見した時は、どのように対応するのかで今後のあなたの人生が大きく変わってきます。

あなただけではなく、お子様や周りの人達にも影響を及ぼしかねませんので、浮気の証拠を探すときは出来るだけ冷静で慎重に行動をしてくださいね。

LINEやメールで浮気の証拠を発見した時の行動は?

夫や妻が浮気相手としてきたメール内容の疑惑が100パーセント黒だと断言でき、それが確信に変わった場合は、すぐにでもパートナーを問い詰めたほうが良いのか?

それとも、もう少し浮気の証拠を集めた方がよいのか?

どちらを選択した方が今後の状況に有利に働くのか…

感情的に問い詰めたくなりますが、すぐに問い詰めたり話し合いをするのはやめてくださいね。

すぐに話し合いを望んだ場合は、冷静に対応してるつもりが相手のちょっとした言動がキッカケとなり、今まで我慢してきたストレスが一気に爆発する恐れがあります。

また、浮気された旦那や妻が逆ギレするとも限りません。

メールやLINEだけでは浮気の証拠として不十分だということを、相手も知っています。不倫を認めることはありません。

また、警戒が厳しくなってきますので、探偵に依頼してもすぐに浮気の現場を押さえることが難しくなる可能性もあります。

お互いに冷静に保とうとして始めた話し合いでも、男女間のトラブルというものは、過去に好きという気持ちが強ければ強いほど、憎しみに大きく変わる恐れがあります。

まずは、もう少しメールなどの証拠集めをしてください。

浮気の行動範囲や日程が分かってくるかもしれません。

日程が絞り込むことができれば、探偵に調査してほしい日にちを指定し費用を抑えることも可能です。

時間が短縮できスムーズに解決できます。

浮気証拠を集める前に

浮気の証拠を自分で集めるには、慎重に行動しなければいけません。

ただ、ある程度の証拠が揃えば、失敗するリスクを大幅に減らすためにもプロの探偵に依頼することになりますので、深入りせずに身の前りの持ち物から調べましょう。

探偵業界でも浮気調査は難しいとされています。一般的にベテランの調査員が主軸となり2名以上のチームで行います。

それくらい浮気調査は難しいのですね。

探偵社の間でも調査力の差はあります。

メールの履歴や領収書から行動範囲や日程も分かったからといって、自分で尾行して証拠の写真を押さえようと思わないこと。

不倫をしている夫/妻は、後ろめたい気持ちがあり普段より警戒心があります。素人の尾行は危険です。

そのあとは、浮気調査のプロの探偵に任せましょう。

浮気の証拠はここを見る

浮気の証拠を自分で探すときのポイントは、『決定的な証拠』を探すのではなく、浮気する日程や行動範囲が推測できる文章や領収書などに絞ることが大事です。

例えば、ホテルに出入りする写真や動画(尾行するなど)はプロの探偵に任せる、あなたが集める証拠は探偵が調査しやすいような補助的な証拠でかまいません。

まずは、身の前りの持ち物を調査しましょう。

浮気の証拠の集め方

配偶者の行動の変化に気づいたら、まずは、身の前りの持ち物から調べてください。

携帯(スマホ)
(メール、LINE、ネットの履歴(旅行サイトやホテルなどの履歴)、通話履歴、写真など)
カバン
(違和感があるものがないか)
財布
(レシート、領収書、カード類)
洋服のポケット
(違和感があるものがないか)
自動車
(カーナビの履歴)

夫/妻の就寝中や外出時、入浴中を狙って調査は行いますが、浮気の証拠の集め方のポイントは、調べているという痕跡を残さないこと、無理しないこと、配偶者も普段より警戒しています。ちょっとした変化にも敏感です。

「難しい」と感じたらこれ以上は調査せず、探偵に任せてください。

浮気調査を探偵に依頼する前に証拠をまとめる

配偶者の持ち物から分かった情報をもとに、浮気の証拠をまとめてください。

探偵にスムーズに依頼するために重要です。

まとめるポイントは、「だれが」「だれに」「いつ」「どこで」「なにをしたか」を意識してまとめる。

  • 浮気相手は誰か(同僚、同級生、知り合い)
  • 浮気はいつしているのか(日にち、曜日)
  • 浮気する時間帯はいつか(何時から何時までが怪しいなど)
  • 浮気をしていそうな場所(ホテル、旅館、不倫相手のマンション)
  • 夫/妻の持ち物から分かった情報をもとに、できるだけ分かりやすいようにまとめましょう。

    探偵も効率よく調査でき、結果的に浮気調査の費用を安く抑えることができます。

    浮気の証拠を探偵に依頼する前に集める・まとめ

    集めた浮気の証拠は、離婚をするにしても、慰謝料を請求するにしても、乗り越えて復縁するにしても、あなたが集めた浮気証拠はとても重要です。

    法的な効力が直接的になくても、訴訟における第三者の心情に訴えかけますので、大事にとっておいてください。

    集めた浮気の証拠は探偵に伝えてアドバイスをもらいながら、ご自身の選んだ道を進んでください。

    浮気の証拠を集めるコツは、探偵が浮気調査しやすいような補助的な(日にち、時間帯など)証拠を集めること。また、無理せず調べた痕跡を残さないこと。

    警戒されると調査が困難になります。

    また、出来るだけ、浮気調査を得意とする良心的な探偵事務所に依頼することも重要です。

    「探偵をまだ選べてない」という方がいましたら、専門のアドバイザーがあなたに代わって複数の探偵社から一括で見積もりを取ってくれるサービスもありますので活用してみてはいかがでしょうか。

    専門的な知識はいらず、安心できる探偵社を複数ピックアップしてくれます。
    ↓ ↓ ↓

    >>街角探偵相談所・詳細をみる

    街角探偵相談所

    浮気探偵の費用|浮気探偵おすすめは?
    浮気、不倫調査の探偵への費用はいくらなのか?不安ですよね。浮気・不倫調査ができる人気の探偵(興信所)を紹介しています。浮気調査の探偵