浮気 探偵の選び方|浮気調査に強い探偵のポイント

浮気調査に強い探偵の選び方

浮気調査をしてくれる探偵の選び方をお伝えしています。

浮気 探偵の選び方|浮気調査に強い探偵のポイント

探偵は何を基準に選んで良いのかわからないですよね。

浮気調査の探偵選びでは、離婚や慰謝料を含めた今後の人生に大きな影響を与えてしまいます。

勇気を持って新しい人生を踏み出すためにも、探偵の選び方は重要です

浮気調査は他の案件より難しく、探偵社の間でも大きな差があると言われています。尾行や証拠集めは調査員の能力に大きく左右されてしまいます。

探偵業は普通に生活していると馴染みがありませんので、選び方をアドバイスしてくれる先輩方もいません。

仮に、浮気調査を探偵に依頼した経験がある人が職場にいたとしても、周りにいうことはありませんので表に出てきません。

パートナーの浮気の問題と、探偵への浮気調査依頼はすごくプライベートな問題です。誰にも相談することができませんよね。

このブログでは、浮気(不倫)調査を探偵にお願いするための選び方をお伝えしています。

探偵の選び方の参考になると幸いです。

\探偵事務所を無料診断/

探偵さがしのタントくん

探偵業とは?

探偵の選び方と関連して知ってて欲しいのが、「そもそも探偵業とは?」ということです。

浮気調査をお願いする前に、探偵とはどういった職業か?ということを少しでも把握しておけば、実際の面談で役に立つと思います。

探偵とは、『探偵業の業務の適正化に関する法律』に基づき、きちんと届け出が行われた事業者が依頼を受けて、尾行、聞き込み、面接などで得た情報を依頼者に報告する業務です。

探偵業の業務の適正化に関する法律とは?

探偵や興信所の悪質な業務や契約内容をめぐるトラブルなどが増加するなか、平成19年6月20日に『探偵業の業務の適正化に関する法律』が施行されました。

『探偵業の業務の適正化に関する法律』の目的は、探偵業に関する基準を設けることにより業界の健全化をはかり、個人の権利利益の保護を守る目的で作られた法律です。

探偵業務は届出が必要です。

探偵業を始めるには、営業を始める前日までに地元の公安委員会に所轄の警察署を経由して届出を申請しなければいけません。

正式に探偵業の届出を行なった事業者には、『探偵業届出証明書』が発行されます。

探偵業届出証明書とは、「私は公安委員会に探偵の届出を行いましたよ」という証明書です。

この探偵業届出証明書は、各営業所の見やすいところに提示しなければならず、依頼者と契約する際には探偵業届出証明書の記載事項について書面で公布して説明しなければいけません。

良い探偵の選び方の一つとして、『探偵業届出証明書』の提示がポイントです。

探偵社を選ぶポイント

探偵の選び方のポイントはいくつかありますが、相談する前にその探偵事務所が実在しているかどうかを確認しましょう。

サイトを確認する

まず最初にすることは、探偵事務所のホームページの確認です。

ホームページは、その探偵事務所がきちんと業務を行なっているのかの判断材料になります。

そのときに見るべきポイントがいくつかありますので、お伝えします。

住所を確認。会社名と電話番号を確認

ホームページを訪れると最初に見ておきたいものが『会社案内(会社概要)』です。

代表者の確認と住所の確認は必須です。

そのページで探偵業届出証明書の確認(番号など)もしときたいものです。

代表者の確認

大手探偵事務所の代表者は、普段からメディアに露出してることも珍しくなく、社会的な信頼度は高い傾向にあります。

個人で経営してる探偵事務所の場合は、メディアに露出する機会が少ない場合もあり、代表のイメージが掴みにくいこともあります。そうい場合は、検索窓に名前を入れて検索してみるのも一つの手です。

どのような会社なのか、代表者のイメージはどうか、また、業務内容などを含めて素人にも分かりやすい工夫がされてるかがホームページを見るときのポイント。

開業届の確認

探偵業届出証明書の確認は『会社案内』や『会社概要』ページにあることが多く確認しましょう。

また、加盟協会の確認も大事です。どのような協会に加盟してるのかで事務所のイメージが掴みやすくなります。

更新日を確認する

探偵事務所のホームページやブログの更新も一つの目安です。更新があるのはきちんと業務してることにもなりますので、更新してるか確認してみましょう。

料金の確認

探偵のトラブルで注意したいのはお金の問題です。

「聞いていた話と違う」「追加料金を請求された」といった金銭をめぐるトラブルは多いです。

このようなお金のトラブルのリスクを未然に防ぐためにも、料金設定を含めた説明を事前に受けておきましょう。

追加料金の確認

浮気調査に追加料金があるのか確認しときたいものです。

追加料金の有無は、口頭で説明を受けるだけじゃなく契約書に文章として入ってるか確認しましょう。

優良な探偵社なら、そういうこともきちんとされています。

口頭の説明だけじゃなく、契約書に追加料金についての一文があるのか確認するのは大事です。

成功報酬の確認

成功報酬という料金システムは、きちんと確認して契約してください。

成功報酬だからと言って、調査が成功したから払う、失敗したから払わないという訳ではなく、基本料金までは返金を請求することはできません。

探偵社によって契約内容は変わってきますが、一般的に返金される金額というものは成功報酬で決められた金額のみで、調査にかかった経費などは返金されません。

成功報酬といっても、契約金額の何%を成功報酬として後日支払うという形もありますので、基本料金が安いからという理由だけで契約するものではありません。

契約書の確認

契約書の確認は重要です。

依頼者がトータルで最終的にいくら支払うのかというような料金設定を含めたことが、文章として詳しく書かれているか確認しましょう。

成功報酬や追加料金なども文章として契約書に記載されてるか確認するようにしてください。

メールで質問してみる

ホームページをみて気になった場合は、電話で相談する前にメールを送ってみましょう。

事前に質問したいことをピックアップして、時間をかけて浮気調査に関する相談内容を書きます。

メールでのやり取りなら、自分でじっくり考える時間を取ることができますので、プレッシャーを感じて慌てて契約するということにはなりません。

浮気 探偵選びのポイント(重要!)

浮気(不倫)調査の探偵選びのポイントは、信頼できるかを見極めることが大事です。

それには実際にいくつか面談しなければいけません。

直接会って話をする前にホームページを確認し、いくつか気になる探偵事務所をピックアップします。

浮気調査を得意とする探偵社は、離婚に向けて弁護士との連携やカウンセリングアドバイザーなど、浮気問題に付属する悩みや心配事をきちんとカバーする体制が整えられています。

浮気調査を契約する段階になって、契約書に追加料金や金額設定など、調査費用の詳細が一文として詳しく記載されてるか?すごく重要です。

良心的な探偵社は、そういった細かなことがきちんとできています。

浮気調査の費用が格安だからという理由だけで探偵を選んではいけません。

報告書の作成費や、機材料金、車両料金、交通費など、調査後に追加料金として請求されることもあります。

追加料金等が契約書に記載されてた場合は良いのですが、それさえも文書として記載されてない事務所もあります。

そういったトラブルを回避するには、いろいろな事務所に1社ずつ足を運び見積もりを取り見比べてみること。

実際に足を運ぶことにより、事務所の雰囲気などネットでは確認できなかったものが見えてきます。

しかし、自分の足で1社ずつ回って話を聞く時間が取れない人もいます。

そういう場合は、専門のアドバイザーがあなたの要望に合わせて、無料でいくつかの探偵事務所から一括で見積書を集めてくれるサービスがあります。

契約に至らなくてもOKなので、気軽にメール相談してみてはいかがでしょうか。

弁護士事務所と連携している探偵社をピックアップしてくれますので、慰謝料の請求や離婚問題を含めて相談することもできます。

あなたは、専門のアドバイザーとやり取りするだけでOK。手間と時間も抑えられ費用を安くすませることができます。

探偵業界に詳しい専門のアドバイザーが、あなたの要望に柔軟に応えてくれます。

まずは、匿名で無料相談からできますので、新しい未来に一歩踏み出すためにも上手に活用してみてはいかがでしょうか。
↓ ↓ ↓

匿名OK!安心の探偵選びなら、タントくん

探偵さがしのタントくん

タイトルとURLをコピーしました