夫(妻)の浮気や不倫を見破る方法と注意点

夫(旦那)や妻の携帯やスマホを盗み見したら離婚訴訟に不利になる?

▼MENU

夫(妻)の浮気や不倫を見破る方法(LINEやFacebookで元カレや元カノに繋がりやすくなった時代)

夫(妻)の浮気や不倫を見破る方法

夫(妻)の浮気や不倫といった不貞行為を見破る方法は色々なテクニックがあります。



少しだけネットを調べると様々な浮気や不倫の見破り方(FacebookやLINEやメールなど)の検索結果が表示され見破り方のテクニックは簡単に学ぶことができます。



しかし、浮気の見破り方のテクニックは簡単に調べることはできますが、そのテクニックを使いこなすための精神状態を教えてくれるところは以外と少ないものです。



『精神状態』とは『考え方』といっても良いですし、『たどり着きたいゴール』といっても良いかもしれません。



テクニックを使いこなす『考え方』の重要さについて気が付いている人たちは、不貞行為で揉めてる当事者の中には生まれにくく、揉めてる当事者は客観的に不貞行為を俯瞰することが立場的に難しい状況にあります。



信頼していた夫(妻)に裏切り行為をされて冷静に客観的になれという方が難しいかもしれません。



夫(妻)の浮気を見破るために一番大事なことはそんな見破り方のテクニックではなく、今回のパートナーの不貞行為をあなたがどの着地点に持って行きたいか?が一番のキモとなる部分です。



それによって周りも含めてお互いの人生設計が大きく変わってきます。



簡単に言うと『事実を知った上で、離婚を視野に考えてるのか?』それとも『本当のことを知りたいだけなのか?』



ゴールをどこに設定するかを少しだけ意識して考えてみてくださいね。



信頼された人に裏切られるということはとても辛くて当事者にならないと本当の気持ちは理解できないかもしれません。



もしかすると安定した精神状態ではないかもしれません。



少なくても常に心がざわつき、物事をニュートラルな目線で判断できる平常心を失ってるかもしれません。



そういった精神状態をすぐに直せとは言いませんが、少しでも心の振り子が大きく左右に揺れ動いていて、ニュートラルな気持ちで物事を判断することが難しくなってるということを頭の片隅に意識しておくこと。



少しだけ自分を客観的に見れるように準備をしておいてください。



こういったコト込みで浮気を見破るという行為なのだと私は思います。



浮気を見破る方法



夫(妻)が浮気や不倫が実際にしているという事実関係や証拠集めが少しでもできていると、現実的な問題として離婚、慰謝料、財産分与といったことを有利に進めることが可能になってきます。



もちろん、物事は100パーセント順調にいくことはありませんから、ケースバイケースに合わせて妥協を強いられることもあるでしょう。



しかし、少なくとも途中から浮気調査の専門家に協力してもらう時や、離婚に関することを法律家に相談する時に集めていた証拠というものは大いに役に立つはずです。



少なくとも証拠集めがムリな場合はムリして浮気の証拠を集めることはありません。



不倫している彼(彼女)の言動や行動パターンのおかしかったことや気がついたことを日記として細かくメモすることから始めてください。



細かく日記を付けることで、第三者に協力してもらうときに事実関係を伝えやすく、相手も理解しやすくなってきます。



日記を付けるポイントとしてあなたの心情も書くようにして下さい。



後々の離婚訴訟などで証拠として使え、第三者に当時のあなたの苦しい気持ちを伝えることができます。



無理して証拠を集めようとして相手にバレるよりは夫(妻)の行動パターンの詳細を日記につけてみることで、特定の怪しい時間帯や行動履歴が浮き彫りになってきますので無理はしないようにしてください。



あなたが疑っていることに気がつかれると『相手』は慎重になり、浮気を調べることが難しくなってきます。



無理なく慎重に調べるためにも一度冷静になることが重要です。




浮気のチェック項目



● おしゃれを気にするようになってきた。



● 体臭を抑えるコスメ等にお金をかけるようになった。



● 鏡をみる機会が増えてきた。



● 新しい服を買うようになってきた。



● 美容院やエステなどに通い始めてきた。



● 脱毛器を購入したり、脱毛サロンなどに通いムダ毛を処理しだした。



● 音楽の趣味が変わってきた。(女性の場合)



● 服装のセンスが変わってきた。



● 携帯を常に持ち歩くようになった。



● 香水をつけるようになった。



● 料理に手抜き感がを感じられてスーパーの惣菜が増えてきた。



● 聞かれてもいないのに自分のスケジュールを伝える。



● 浮気や不倫のドラマやバラエティ番組が始まるとチャンネルを変える。



● 幼馴染の友人が頻繁に会話に登場してくる。(幼馴染を使ってのアリバイ作り)



● スキンシップが増えてきた。(妻の場合)



● スキンシップを極端に避ける。(夫の場合)



● 深夜にコンビニにタバコなどの買い物にいくようになってきた。(男性に多い)



● 指輪を外して帰宅することがあった。(男性に多い)



● ケータイやスマホにパスワードを設定しだした。



● ケータイに着信があっても出なくても良い相手だと言う。



● 残業や休日出勤が増えてきた。



● パートやアルバイトを始めるようになってきた。






この中の項目で夫(妻)の行動パターンが5つ当てはまれば浮気の確率は高いといえます。



また、女性の場合は付き合ってる男性の趣味に合わせる傾向が強いので、音楽の趣味が変わってきたり、新しいアーティストを好んで聴くようになってきたら要注意です。



男性は浮気をするとスキンシップが極端になくなる傾向にあり、疲れてるという理由で寝室を別にしたり肌を触れ合うことを避けます。



それに対して女性の場合は逆に優しくなってスキンシップの頻度が増える傾向があります。



このスキンシップの項目はとても重要なチェック項目のひとつですので、意識しておくと良いでしょう。



また、こちらの浮気の証拠になるメールとならないメールのコラムでもお伝えしましたが、パートナーの携帯やスマホのメールをチェックして浮気相手との会話や疑わしいメッセージのやり取りなどを発見するケースも増えています。



そういった浮気の証拠は転送するのではなく、直接あなたのスマホやケータイで画面の写真を撮って保存しておいてください。



ある意味認めると辛いかもしれませんが、浮気とは一種の恋愛行為です。



相手の好みに合わせるように努力したり、自分を少しでもよく見せようと色々な努力をします。



浮気相手の気を惹き出来るだけ気に入られたい。



また、普段行かないようなところにデートをしたり遊びにいったりしますので、浮気中は所有物からも浮気の痕跡を発見することができます。



行ったことがない地域のホテルのレシートや高速道路を使った痕跡などから浮気が発覚したというケースは少なくありません。



また、男性は財布やネクタイ、ライターなどの小道具や女性はバックやアクセサリーや洋服などのプレゼント商品から不倫が分かることもあります。



また、よくある相手の嘘を見抜く方法として、相手の目線の動きに注目するというやり方があります。



相手が右利きの場合は、嘘をつく人はあなたから見て『左上』に視線を向けると想像を働かせてる。



あなたからみて『右上』に視線を向けると実際にあった視覚的な出来事を思い出してる。



左利きは逆です。



嘘をつく人の顔の表情筋はある一定の法則で動くと言われていて、その一つが目線の動かし方です。



目線の動かし方だけでなく、心にやましいことを隠してる人はどこか自信がない言動を発したり態度に表れたりします。



また、自信を隠すためにいつもより自分を大きく見せようとしたり、その逆に極端におとなしくして意見を隠したりする傾向があります。



しかし、こういった心理テストのような嘘を見抜くテストは有名で誰でも簡単に調べることができますので、100パーセント信頼できるとは限りません。



また、今はLINEやFacebookやツイッターといったSNSで簡単に元カノや元カレに繋がることができます。



こうした便利なコミュニケーションアプリを利用することで簡単に不倫相手と連絡が取れるようになってきました。



特にLINEはほとんどの人が利用していて他の人に分かりにくいようにメッセージ設定をすることができます。



しかし、LINEはデータの移行や復元がスムーズにできるようにメールアドレスの登録とパスワードの設定ができるようになっていて、そのメールアドレスとパスワードが分かればPCから簡単にログインできます。



夫(妻)のメールアドレスやパスワードの設定を思いつく限り試してみてログインして読むという強者もいるようです。(ただしこの場合は夫(妻)の携帯やスマホにログインしたことを知らせるメッセージがLINEからある思いますので真似しない慎重にしてください。)



こういった細かいことの積み重ねの実証が浮気を見つけるための近道になりますので、警戒されないように無理しない程度に安全な方法を探して試すのもアリかもしれません。



今まで信頼してきたパートナーに裏切られるという行為はとても辛く苦しいものです。



最悪は日常生活に支障を来す恐れがあります。



浮気を見破る方法を知っても決して心が安らぐことありません。



いえ、逆に真実を知れば知るほど不安は増えてきます。



不安は増えてきますので、相手に浮気の証拠を突きつけて止めを刺し、一気に白黒つけたいと思う自分がいると思います。



また、そこまで追い詰めた自分にも落ち度はなかったか?と反省し落ち込むこともあるかもしれません。



出会った頃は愛し合い相手を気遣っていたはずです。



その大切だった相手のことを、今は猜疑心だけで見ることが出来なくなった自分に怒りのようやものを感じて苦しんでいらっしゃるでしょう。



だからこそ、あきらめずに確実に白黒はっきり付けて終わらせるようにしましょう。



極端に言いますと浮気を見破る方法はある程度簡単です。



簡単ですが、その結果を通してあなたがどうしたいのか?が問われる重要な行動なのです。



パートナーの浮気を発見して事実を知るという行為は、結果的にあなたの未来をどのように持っていくのかということを自分で見つける行為でもあります。



浮気の疑惑が確実になっていく過程で冷静でいるということは難しいものです。



良くあるパターンが浮気の事実を確信した時点で二人で話し合おうとするパターンです。



最初は冷静に話し合おうとしますが、相手は突然の出来事でパニクっています。



頭と気持ちの準備ができていない夫(妻)は、浮気の疑惑を逃れたいがために、逆ギレしたり、黙り込んだりしてしまうこともあります。



特に逆ギレは男性に多く、やましい事を隠す時の人間の心理状態です。



途中からちょっとした言葉の掛け違いで口論になったり、暴力事件になったり、最悪は勢い余って命の危険を冒すことにもなる可能性も十分に考えられます。



これは浮気した夫(妻)やただ真実を知りたかったあなたのどちらにも被害者、加害者になる可能性をはらんでいます。



これは私の持論で強制力はありませんが、夫(妻)の浮気の事実がある程度確認できると第三者を間に入れて調査に協力してもらうことをお勧めします。



プロの調査委員に今までメモしてきた相手の行動パターンを伝えて、その不貞行為が『浮気』なのか『本気』なのか?



また、離婚を視野に入れだすのか、離婚はしないのか、を一緒に考えていくことが決着を冷静に早くつける近道だと感じます。



スムーズに白黒つけてハッキリ決着をつけることが家族や周りの人のため、そして当事者である二人のためでもあります。