探偵事務所(興信所)選びで失敗、騙されないために

夫(旦那)や妻の携帯やスマホを盗み見したら離婚訴訟に不利になる?

▼MENU

探偵社を選ぶ時に失敗して騙されないためのコラム

探偵事務所(興信所)選びで失敗,騙されないために

実際に探偵事務所(興信所)を探そうとするとたくさんありすぎます。



また、普通に生活していると探偵という職業は、ほぼ100パーセント関わらない業界です。



ある意味、私たちのような一般人にとって探偵業界は謎に包まれた要素を持っていて何かと分かりにくい部分を持っています。



また、探偵に関わる時は何らかの不安やトラブルを抱えた精神状態なので、冷静に判断することが難しい状態のままコンタクトを取ることになるのが一般的です。



そういった不安を抱えた精神状態では冷静に物事を判断できない場合もあります。




浮気調査を依頼するのに何を基準にしたら良いのか?



料金体系は本当のところどうなのか?



追加料金って発生するの?



失敗した場合の支払金額はどうなってるの?



また、本当にこれで契約してもいいの?



etc . . .




探偵(興信所)という職業は、映画や小説といった『物語』の中の人たちのことだと思っていた人間と実際にコンタクトを取って合わなければいけません。



会うだけじゃなく、浮気調査を依頼することが決まると契約を交わして人間関係を築いていかなければいけません。



築いていくだけじゃなく、実際にあなたの大切なお金と貴重な時間を使います。



そして、ある意味未来を託すことにもなります。



私たちは1日でも早く夫(妻)と不倫相手との浮気問題を解決して穏やかな日常を取り戻したい。



だからこそ頑張って浮気の証拠を集めたり、不安な気持ちを抱えながらプロの探偵を探したりします。



1日でも早く白黒はっきり付けて人生の再スタートをする為に、悪徳探偵に付き合ったり騙されたりしてる時間や余裕はありません。



出来るだけ分かりやすく、探偵事務所(興信所)の選び方の注意点やメリットデメリットなどをお伝えしていきますね。



少し長文になってしまいましたので、よろしければこのコラム記事を、PCやスマホのお気に入りに登録してスキマ時間にでも読んでいただけると幸いです。m(_ _)m



まず最初に探偵事務所を選ぶ時のポイントとして、これだけは押さえておきたいというのがあります。



それは、低料金という謳い文句と広告力に騙されないということ。



これが探偵選びの重要なポイントになります。



『低料金の謳い文句』というのは料金の安さだけで探偵選びをすると失敗する可能性が高いです。



これは、必ずしも悪い探偵事務所(興信所)に当たるという意味だけではなく、料金だけで決めてしまうと、自分の期待通りの結果を得ることが難しくなってきます。



高ければ良い事務所ということはありませんが、料金設定のバランスは重要なポイントになりますので、ひとつのところだけじゃなく、何社か同時に見積り書を取って料金を比較することで業界の相場を知ることが大切です。



広告力というのはテレビやネットや雑誌などのメディアに、お金をかけて広告を出すことを優先し、自社のアピールや宣伝に力を入れている探偵事務所(興信所)のことを、このコラムでは広告力と定義させてもらいます。



(会社の資金力とは関係ありません。)



広告力とは実際の浮気を調査する能力や実績とは関係ないものですから、頻繁に良く目にする探偵事務所(興信所)が誠実で良心的だとは限りません。



いろんなメデイアに露出してる頻度が高いからといって必ずしも良い探偵事務所かどうかは、見積り書を請求して幾つかの疑問点や不安な面を質問しながら接してみないと分かりません。



広告に載ってることは実際の調査能力が高いこととは関係がありませんので注意が必要です。



なかには、地元の新聞等などに広告を展開している探偵事務所でも良心的ではない事務所も存在します。



そういった事務所の特徴は、相談に来られたお客様に強引に契約させようと焦らしたり、断れないような雰囲気に持っていくことが多いです。



これは探偵という職業だけじゃなく、何かを契約するシーンを思い浮かべてみれば分かると思いますが、自社の実績や能力を冷静に客観的に分析して決して押し売りしない謙虚な態度でお客様と接する。



あくまでも、自社に浮気調査を依頼するのは『お客様です』というポジション、当たり前ですが100パーセント相談者に決定権を委ねるという謙虚な姿勢が問われます。



だから、有名だからとか全国展開してるとか、広告を見たことがあるとか、地元に根ざしているとか、実績と直接関係ないことだけを謳ってる興信所(探偵事務所)は見極めが大切です。



もちろん、広告費をたくさんかけて大勢の人に知ってもらうことは決して悪いことではありません。



むしろ私は良いことだと思っています。



優れた探偵事務所はトラブルを抱えた多くの人の力になれますので、広告を出して知ってもらうことはとても大切です。



だからこそ私たちが期待してるのは、探偵事務所の実績と誠実さの両方にお金と時間を託したいと思ってるはずで、いわゆる探偵事務所の広告力だけを信頼して浮気調査は依頼したくないはずです。



有名だから、聞いたことがあるからといって盲目的に信頼しないで、一歩下がって客観的に見つめるという視点が大切です。



信頼していたパートナーの裏切り行為で冷静になれない部分があると思いますが、少しだけ立ち止まって深呼吸をして、客観的に物事を見つめるということも少しだけ意識してみることが、探偵選びで失敗しない大事なポイントになります。



ネットの時代に探偵社(興信所)に依頼する本当のメリットとデメリット



プロの専門家に浮気の調査をお願いする最大のメリットは、このサイトのコラム記事『夫(妻)の携帯の覗き見は離婚訴訟に不利?』でもお伝えしましたが、プロの専門家は活きた生の最新の業界情報を持ってるということです。



浮気の調査はある程度は自分の力で集めることは可能です。



しかし、調査をするということはある程度相手のプライバシー問題に踏み込まなければいけない場面も出てきます。



LINEやFacebookのメッセージのやり取りの記録に始まって、携帯やスマホ、PCのメールチェックといったこともプライバシーとして扱われることも十分に考えられます。



また、尾行や現場の写真や動画などの証拠映像の価値の有無といったものが、実際の離婚訴訟でどれだけ威力を持ってるのか?



または逆に、証拠の写真や映像をプライバシー侵害の法律違反で無効にできることがあるのか?



もしも、相手が離婚トラブルの問題を多く扱ってきた探偵事務所や弁護士を雇った場合、悔しいですが私たち一般人には勝ち目がありません。



特に現在はLINEやfacebookやツイッターといったSNSで個人の情報を簡単に共有することができるようになってきました。



その点、ネット時代は新しく解釈されたプライバシー問題を多く含んでいて、昨日まで正義だった行為が今日になってみると悪とされることも少なくありません。



世の中の大衆心理が一夜で逆転するということが起こるほど変化の速い時代になってきています。



日本の裁判は過去の判例や世の中の流れに大きく影響を受けます。



ネットが当たり前のように普及して、社会の変化のスピードが速い時代にいかに業界の事情に詳しいか?またはその時代に合わせた法律の解釈をどれくらい臨機応変に対応できるのか?が問われる時代になってきました。



ネットを含めたプライバシー問題、弁護士を交えた慰謝料問題、その他の時代の流れに合ったトラブルなどの新しい対処法をプロの探偵事務所は日々蓄積しています。



そういうことを考えた上で業界のプロである探偵さんにお願いするということのメリットは計り知れない効果が期待できます。



デメリットに関しては自分のこのサイトの宣伝をするつもりはありませんが、正直デメリットはないと思います。



もちろん、デメリットが無いということは、真面目でひたむきな探偵事務所を選ばれて依頼してるということが前提です。



あえてデメリットというものを挙げるとしたら、探偵事務所を選ぶことが面倒で当たり外れが大きいということでしょうか。



そういった心理的負担が探偵事務所を選ぶ前のデメリットだと思います。



しかし一旦、良心的な探偵さんに巡り会うと自分一人で悩んでいた頃に比べてプロの方がお手伝いをしてくれるので大変心強く精神的に楽になり、何より白黒ハッキリつけてお互いに人生の再スタートを歩むことができます。



だからこそ、このコラムで出来るだけ分かりやすいように頑張ってお伝えさせていただければと思います。




料金体系で注意する点



探偵業界は普段生活しているとあまり接する機会がありませんので、一般的な料金体系はどうなってるのか?良く分からない部分があります。



料金で一番気をつけたいのが『追加料金』です。



これは非常に当たり前のことで申し訳ないのですが、『追加料金』はどうなってるのかをハッキリ尋ねることが大事です。



依頼主である私たちの知らない間にどんどん追加料金を上乗せされて何百万円も請求されたら大変なことになります。



これではいくらパートナーの浮気の現場の証拠を押さえることができたとしても支払うことができなくなります。



これでは、浮気の問題解決をお願いしたのに『金銭的』な悩みごとまで増えてしまうことにもなりかねません。



いえ、浮気の証拠を押さえられただけでもマシな方で、中には嘘の報告書を伝えられたり騙されたりという事例も少なくないです。



また、慰謝料が入れば簡単に支払うことができますよ。と助言して断りにくい状況をつくる探偵社もあります。



追加料金に関しては契約書を十分にチェックすることが重要になってきます。



本物の良心的な探偵事務所(興信所)は追加料金に関しては依頼者の承諾を得てから追加料金が発生するという文言が具体的に契約書に入っています。



悪徳探偵事務所の特徴のひとつとして、どのようにも解釈が取れるように曖昧な表現内容で契約書を作成しているということがあげられます。



探偵という業種に限らず曖昧な表現で契約を進めようとする商談は要注意です。



あくまでも文章として具体的に記載されてることが重要になってきます。



料金設定の解釈はお互い人間のやり取りになってきますので、お互いのポジションやその時の心理状態で解釈は大きく変わってきます。



解釈が大きく『ズレる』ことはある意味仕方がないこと。



だからこそ文章として誰が解釈してもある一定のレベルでひとつの解釈しかできないように、具体的なレベルまで落とし込まれて記載されてることが重要になってきます。



また、その内容を相談者であるあなたが充分に納得理解できるまで探偵事務所に質問してみることも重要です。



そこで『面倒くさい』というふうな態度をとるような探偵社とは付き合わないこと。



逆の立場になれば分かると思いますが、お金のシステムが理解できずに不安になってるお客様に対して、十分に分かりやすく何度でも説明して納得してもらうという姿勢は、ビジネスを超えてひとりの人間として当たり前の行為だと感じるのではないでしょうか。



お金の問題になると誰でも初めてのことなら二の足を踏み不安になります。



その不安を十分に納得してもらうまで分かりやすく説明するのもプロとして当然な『仕事』だと私は思うのです。



以上のことを含めて探偵事務所でお話を伺う場合は納得いくまで質問してみてください。



探偵も家電販売員もプロと称する方はお客様の不安を取り除くために全力で説明してくれるはずです。



そこを見極めることも悪徳業社を見抜くポイントのひとつでもあります。



また、料金設定の解釈の違いが多く生まれることのひとつに、成功報酬というプラン問題があります。



失敗した時、成功した時の料金プランや返金システムはどうなってるのかに繋がってきますのでとても大切です。



これは探偵業界のみならずビジネスのコンサル業や講師業といった他の業界でも一般的に使われる料金プランです。



しかし、このプランはきちんとルールをお互いに把握していないと解釈の違いでトラブルを招く恐れが非常にあります。



探偵事務所によって成功報酬の定義が変わってきますので、どの程度のことを指してるのかを契約書に十分に目を通して少しでも理解できないところがあれば質問してみることが大事です。



広告に掲載されてる内容はシンプルに表現されいますが、実際に話を聞いてみて広告から受けた好印象と大きな隔たりを感じるなら、その探偵事務所とのお付き合いは止めた方が良いでしょう。



これは料金的な面だけじゃなく、フィーリングという面から見た場合大事なことです。



仕事を依頼するということは、ある一定期間お付き合いはするわけですから信頼関係が最も重要です。



いくら早く不倫問題を解決したいからといって、信頼関係を築けないような関係の状態で契約してしまうとお互いにとって良い結果を導くことが難しくなってきます。



他のサイトではこんなアドバイスしませんが、私はお互いのフィーリングの相性は探偵選びに重要だと感じでます。



探偵選びはお見合いと同じで信頼できそうな人柄と誠実な対応を私は重視しています。



焦らずに何社か相談や見積り書を請求してひとつずつ判断していくしかありません。



先ほどもお伝えしましたが、曖昧な表現をしてくる探偵事務所は調査内容も曖昧な表現をしてきたり、仕事内容自体がいい加減で曖昧です。



きちんとしてる事務所は浮気調査の報告も文章だけじゃなく客観的な写真や動画などと一緒に提示してくれます。



事前に報告に関して写真や動画なども提出してくれるのか?を質問してみるのも良いことです。



何社か問い合わせの段階で見積もり書と一緒に報告書のサンプルも請求するのも良いアイディアです。



良心的で誠実な探偵事務所(興信所)なら何らかの形を見せてくれると思います。



できれば、サンプルの映像も見せてもらうことが、その探偵社の調査力が分かる素材にもなりますので、問い合わせの段階で電話やメールなどで質問することも探偵選びで失敗しないためにも重要です。




あらためて料金設定で確認したいところは



1人一時間あたりの単価



追加料金の確認の有無



延長料金



深夜割増料金



機材使用料金



車両使用料



祝祭日や緊急時の調査料




何れにしても料金設定で最後に確認しときたいことは、例え固定料金プランで依頼したとしても、最終的にどういった作業が追加料金として後から請求される可能性があるのか?などを質問して前もって知っておくこともトラブルを回避するための大切な要素です。



もしもの探偵社とのトラブルに巻き込まれ調査に失敗し騙されたりした場合は、地元の独立行政法人国民センターに無料で相談することができますので事前に調べとくことも良いと思います。



また、一般社団法人日本調査業協会は探偵業界の健全促進のための協会ですので、いざという時に相談や報告することもお勧めです。



最後にお伝えしたいことは、きちんと浮気調査のリスクの説明をしてくれるところかどうかも良い事務所かどうかの判断基準になります。



プロは出来ないことは出来ないという客観的な分析能力も備えています。



言葉巧みに成功の話だけをチラつかせて相談者の心の隙に漬け込む業者はいますので、きちんとリスクを伝えることが出来るプロ意識を持った探偵事務所を見極めてください。



早く白黒つけて穏やかな日常を取り戻したい気持ちは分かりますが、焦らずに落ち着いた気持ちで探偵選びを始めてくださいね。



客観的なデータを元に曖昧さがなく、きちんとリスクを説明してくれる探偵事務所(興信所)が良心的な探偵社です。



何社か同時に見積書などを取り寄せて見比べてみることが失敗し騙されないリスクを減らす探偵選びです。



勉強熱心な探偵社は変わりゆくネット時代の急激な変化に臨機応変に対応しながら日々新しいノウハウを蓄積しています。



ネット時代の法的問題はプライバシーも含め曖昧な解釈がなされ利用する側の経験と知識で価値が大きく変わってくる恐れがあります。



謙虚な姿勢で日々新しいノウハウを蓄積している探偵社はたくさん存在しますので、安心して落ち着いて探偵選びをおこなってください。



探偵社にお手伝いしてもらうことは心も楽になり、トラブルに白黒決着つけて人生の再スタートをきれます。



このサイトがその一翼を担えたなら幸いです。




■■■ 追伸



このサイトのトップページでもお伝えしましたが、探偵社を1から探して何社からも見積書を請求して判断するのは初心者にとって難しいと感じるかもしれません。



そういった場合は見積書を同時に集めてくれるサービスを利用するのも良い選択です。



匿名と無料でメール相談できますので、検討されてみてはいかがでしょうか。



夫(妻)の携帯,スマホの盗み見は離婚に不利になる?